ヘルニアの改善方法を知る|病気と正しく向きあう大切さ

女医

基本は減塩

病院

高血圧が心筋梗塞を引き起こす原因になっています。日頃から偏った食生活をおくっていると、コレステロール値が上昇して心筋梗塞のリスクを高めます。さらに、外食が多い人は知らない内に大量の塩分を摂取している可能性があります。

View Detail

自己免疫を高めて治療

女医

NK療法は最新のがん治療にも使用されています。自己免疫を利用して行なうこの治療は、抵抗力の強い細胞を培養して、がん細胞に打ち勝つ環境を体内で作っていきます。NK療法は体に負担の少ない療法です。

View Detail

副作用の心配が無い療法

病院

樹状細胞療法はナチュラルキラー細胞療法や活性化リンパ球療法と並ぶ、画期的がん治療になっています。体内から取り出した樹状細胞を利用して、がん細胞の除去を行なう治療です。

View Detail

椎間板ヘルニアの改善

男の人

日々生活していれば、身体の調子が良い時もあれば悪い時もあります。突発的な身体の痛みや慢性的な関節痛、生活習慣の乱れが引き起こす高血圧や肥満など、例をあげると実に様々な種類があります。なかでも椎間板ヘルニアと呼ばれる病気で悩んでいる人は国内でも多いのです。椎間板ヘルニアは腰の痛みと同時に、神経に影響することで麻痺症状がおこってしまうのが特徴です。一般的に、椎間板ヘルニアと普通の腰痛を同じようなものと認識している人も多いのですが、その仕組そのものが違うということを理解しておきましょう。

そもそも椎間板は腰椎の間に存在し、身体や腰、背骨にかかるダメージを軽減する役割があります。椎間板ヘルニアの「ヘルニア」とは突出するという意味があり、腰椎から椎間板が飛び出ている状態を指しています。椎間板ヘルニアの治療方法としては、とにかく椎間板の炎症を抑えるということが最優先になります。そのためには身体を動かさずに安静にしているということが一番の治療になります。病院ではコルセットなどを使用して患者さんが楽になる体勢や、日常生活の過ごし方などを指導してくれます。また消炎鎮痛剤などの炎症を治す薬を同時に使用することで効率良く椎間板ヘルニアの痛みを和らげることが可能です。椎間板ヘルニアは放置していると自然に治ったという人もいますが、そのケースには個人差がありますし、治るまでに数年の期間を要することもあります。そのため痛みや痺れを感じたらまずは病院を受診して検査を受けておくほうが無難です。