ヘルニアの改善方法を知る|病気と正しく向きあう大切さ

ハートを持った看護師

自己免疫を高めて治療

女医

がん治療には一般的に放射線治療や、抗がん剤が使用されます。これらの治療法は効果がある反面、強い副作用を引き起こすことがあります。体に負担が少ない治療を行ないたいのであれば、NK療法を試してみましょう。NK療法は自分の細胞を使って行なう治療法になっています。まず、体内から血液を採取して細胞の検査を行ないます。細胞の中にはナチュラルキラー細胞というものが存在していますがこの細胞こそが、がん細胞の除去を行なっているのです。健康な人の体の中には、このナチュラルキラー細胞が活発に活動していると言われています。ですが、がんを患っている人はこのナチュラルキラー細胞が減っており、活動も沈静化しています。

NK療法では採取した血液からナチュラルキラー細胞を培養します。無菌状態で細胞の培養を行ない体内に戻していきます。無菌状態なら健康な人の倍以上の数のナチュラルキラー細胞を培養できます。培養されたナチュラルキラー細胞を体内に戻すことで、がん細胞の撃退を試みます。この治療法は1クルー6回の投与で行なっています。がんは発症部位によっては、放射線治療や抗がん剤の投与が行なえませんが、NK療法ならあらゆるがんに対応した治療方法になっています。NK療法は保険適応外の為、自己負担になります。しかし医療控除の対象になっているので、もしもNK療法を受ける際にはしっかりと確認しておきましょう。疑問があるなら相談会で聞くこともできますし、専用ダイヤルで相談も可能になっています。