ヘルニアの改善方法を知る|病気と正しく向きあう大切さ

ハートを持った看護師

基本は減塩

病院

心臓は休むことなく酸素や血液を体内に送り出します。毎日絶え間動いている心臓は、血液がドロドロになると正しく機能することができず、心筋梗塞を起こしてしまいます。心筋梗塞の原因であるドロドロ血は偏った食事が原因です。脂質の多い揚げ物を多く摂取すると、血中のコレステロール値が上昇し、血管にこびりついて血液の流れを悪化させてしまいます。

心筋梗塞にならない為には、日頃の生活を整える必要があります。忙しい生活でも食事のバランスには気をつけましょう。三食バランス良く食事を摂ることでドカ食いを防ぎ、無駄なカロリー摂取を予防しましょう。ビタミンやたんぱく質を中心に献立を構成すると、栄養のバランスが整います。主食である炭水化物は、少し少ないと思う程度の量にすると減量にもつながります。

食事だけでなく、適度な運動も心筋梗塞の予防には欠かせません。激しい運動を急に行なうと、心臓に余計な負担が掛かってしまうので避けましょう。最初は近所を散歩する程度から始め、体が慣れてきたらペースを上げてみましょう。膝や腰など間接に負担が掛かるなら、水泳がオススメです。水中では無重力なので、体に負担も掛からす運動することができます。

食事や運動を整えながら、定期的に診察を受けて血圧を調べましょう。勝手な自己判断は心筋梗塞にとっては危険な行為になります。定期的に血圧を調べ、医師の指導を元に心筋梗塞のリスクを減らす努力をしましょう。